映画原人の穴

映画を中心とした感想ブログです。ネタバレなしです!

【テレビ】テレビよさらば……「めちゃイケ」と「とんねるずのみなさんのおかげでした」が終わることについて

f:id:genjinoo:20171207223356j:plain

 今日の「みなおか」で遂にそれが終わることが発表された。発表コントは面白かった。このノリで最後まで続いて欲しいね!

 


 ひとつの時代が終わった

 今のテレビはバラエティばかり……というが、私が考える”純粋な”バラエティは殆ど姿が見えなくなり、あるのは『情報バラエティ』ばかりだ。つまりクイズやらどっかの専門家が沢山出てくることで、「頭脳の体操」とか「役立つ知識」などの『観ていてムダじゃない』番組ばかりになってしまった。

 でもそれらの情報バラエティで中身を覚えているヤツがあるか?テレビでやってた簡単エクササイズを忠実に毎日行っている人がいるか?いないだろう。覚えているのは実生活では役立たない「意味のない」バラエティばかりだ。
 とんねるずはそれこそ無意味でくだらない笑いであり、石橋が中居とやってた「うたばん」は有名アーティストを呼んでも音楽観とかマジメな事は一切せず、延々とふざけた倒すという歌番組だった。でもそれは記憶にしっかりと残り、今でもたまに見たくなる。

 テレビがツマラナイと感じるのはこういったバラエティが少なくなったからだ。それを象徴するようにYoutube等の動画共有サイトではすこし昔のバラエティがいくつもアップされ、人々は現在のテレビを見ずに昔の記憶に残っている番組を繰り返し見ている。
 
 「みなおか」もつまらないと言われつつもネットでは人気のリピートコンテンツだ。終わると決まった今となってはさびしいものだ。「モジモジくん」とか好きだったねぇ~

 個人的には「めちゃイケ」の方が好きで小学生の頃は毎週見て、コーナーを真似た遊びをしたりもした。「めちゃイケ」はそんなかんじで子供がバカなことを真似たりするから「子供に見せたくない番組」とされ苦情が殺到したときもあったという。
 今のテレビをマネする子供たちは居なくなったが、学校の話題になることもなくなった。
 多分「うたばん」やら「みなおか」やら「めちゃイケ」を存分に堪能した現在の20~25当たりが最後の「テレビ世代」かもしれない。今の高校生は明らかに「ネット世代」だ。
 
  ゴールデン番組が「新鮮味がなく、ツマラナイ」のは、ゴールデンに求められる「万人に楽しめる番組」という制約がむしろ「万人にシカトされる番組」へと変貌させてしまっているからだ。
 過剰なテロップやCM後に同じビデオを繰り返すのは「今チャンネルを変えた人でもすぐ理解できるようにするため」というが、それは今まで番組をしっかりと見ていた人にとっては「ウルサイ」だけだ。「万人向け」は時として「誰に向けて作っているのかわからなく」なってしまう。

  今のゴールデン番組は(すぐ忘れる)情報バラエティやネット動画かき集め番組ばかりでクソだが、テレビをしっかり見ていれば「関ジャニ∞クロニクル」等の小粒ながらも純粋に楽しいバラエティがひそかに頑張っている。テレビより面白いと言われるprimeビデオのバラエティを作っているのは(ツマラナイと言われる)テレビ番組を作っている制作会社と変わりない。
 ゴールデン程の制約がないところでは面白いコンテンツがゴロゴロとあるわけだ。テレビは堕ちるところまで堕ちるだろうが……お先真っ暗ってわけではないのだ。
 
 「みなおか」と「めちゃイケ」を戦力外にすることでフジテレビのバラエティが生まれ変わることを予想する人は多いが、テレビ局だけでなくそれを見る人の価値観も変わっていくだろう。今の様に過剰なまでの清廉潔白さを果たしてバラエティに求める必要があるのか、「万人が楽しめるバラエティ」とは何なのか……。

 テレビが世に出る以前、ラジオだけだった頃。人々はいつかラジオに映像がつくようになると予想していたという。それはテレビとして現実化したがラジオはラジオで生き続けている。テレビはネットの登場で滅ぶと言われているが、案外こんな感じでネット時代のテレビジョンの立ち位置がしっかりと確立され生き続けるかもしれない。テレビと別れる必要は今のところ、ない。

 

関連商品