映画原人の穴

映画を中心とした感想ブログです。ネタバレなしです!

【映画】「アウトレイジ 最終章」―この世界は思ったより単純かもしれない―

f:id:genjinoo:20171113000731j:plain

概要

 監督・脚本・編集・主演ビートたけしによる悪党バイオレンス映画。「アウトレイジ」シリーズの魅力は悪人同士の怒号の掛け合いと言われているが、今回もそれをたっぷり味わえる作品となっている。裏切り、謀略で覆われたアウトレイジの世界で仁義を貫き続ける昔気質なヤクザ、大友(ビートたけし)の最後の戦い!

 


あらすじ

 関西の花菱会は日本極道社会において頂点を極めており、関東最大規模であった山王会はすっかり縮小していた。
 花菱会幹部の花田(ピエール瀧)は韓国済州島でトラブルを引き起こしそのままトンズラをこくが、その済州島を取り仕切っていたのは元山王会の大友だった。大友はそのカタをつけるため再び日本に戻る決意をする……


感想

 日本で一番有名なヤクザ映画と言えば「仁義なき戦い」だが、その人気故に無理な設定がこじ付けられて続編が乱造された。
 「アウトレイジ」だって本当は一作で終わるような映画だったが、「死んだと思ったやつが実は生きていた!」という古典的な続編プロセスを踏んで「~ビヨンド」が作られたのだ。

 ビートたけしは「アウトレイジ」を何時までも作り続けるのを避けるために3作目のサブタイトルを「最終章」とし、ケジメをつけたのだ。とはいえ、いくら締めを決めたと思っても映画というのはやり方次第ではいくらでも続編を作り続けられる。それが映画本編と同じく、人間の欲深さを表しているのだ……。

 人間の欲と言えば、その根源は大抵しょうもないものであるが、今回の事の発端もまた、どうしようもなくショボい。 花菱会の花田という男が済州島のデリヘル女に暴力を働いた挙句に、金を支払うどころかスタッフを殺して日本にトンズラこいたのだ。
 つまり済州島の歓楽街を仕切る大友の商品を傷つけ、部下を殺したのだ。義理を尊重する昔風情の極道である大友は考えた末に日本で戻ってくるのだ。

 「アウトレイジ」はビートたけし演じる大友が主人公の映画ではあるが、今回は大友が韓国で日本にいくかどうか考えている間の、日本でのいざこざに時間を多く割いている。
 大友は義理に縛られた昔風情の極道に違いない。しかし、だからこそ忠義心に篤い仲間たちに囲まれるのだ。
 第1作の水野(椎名桔平)、最終章にも引き続き登場する韓国フィクサー組など力強い傑物たちに支えられてきたのだ。
 その韓国フィクサーの張会長(金田時男)が今回、まさかの「ファッキンジャップくらい分かるよ馬鹿野郎」シーンを演じているのも大注目だ。

 私はテレビのワイドショー番組は最も低俗で下らないと思っている。それは政治とか芸能の噂話で盛り上がっているだけなのに、さも正義の鉄槌をくださんという態度を装っているからだ。
 しかし、人間が実際そのような生き物なのかもしれない。「アウトレイジ」とかテレビを見て自分の実生活を鑑みるとそう思えてならなくなってきた。どうでもいい事に気を病み、くだらないミスやら何やらを隠ぺいすることに腐心したことがない人はこの世にいるのだろうか。少なくとも社会人には一人のいないだろう。
 
 「アウトレイジ 最終章」の登場人物たちは自分たちの益を増大させることばかりを考え、それが余計な事態を拡大させている。それをみてなんて愚かな奴らだ、と最初は思ったが実際は自分たちもそれと似たことを行っているのだ。
 ヤクザやマフィア映画は社会を最も反映した作品だ。それは組織を主役にしているからだ。「最終章」はまさしくカネという利益以外を切り捨てた組織の末路を描いた作品だったが、それは「ゴッドファーザー」も同じテーマを内包しているのだ。

 人間は進歩しつつあるようにみえるが、根本的なものは変わりない。それは悪いものも同様で形を変え、悪は継承されている。

 アウトレイジは「全員悪人」であるが、全ての人間にその悪は当てはまる。それでも何とか悪を抑え込んでいるのが人間の良い所であったのだが、最近は至るところで「暴走」しつつあるようにみえる。

 「俺だって考えてるんだよ、バカ野郎」と、言えるくらい自分の事を考え抜くほかないのかもしれないね。

 

関連商品

 

アウトレイジ [Blu-ray]

アウトレイジ [Blu-ray]

 
アウトレイジ オフィシャルガイド (日経BPムック)

アウトレイジ オフィシャルガイド (日経BPムック)