映画原人の穴

映画を中心とした感想ブログです。ネタバレなしです!

【映画】「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」―面白いと気付いた!―

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(字幕版)

 

概要

 マーベル・シネマティック・ユニバースは拡大の一途を辿っている。それが可能なのはマーベルコミックスにダイヤの原石がたらふく埋蔵されているからだ。
 この「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」(GotG)はそれを象徴する作品で、元々はマイナーヒーローの寄せ集め集団であった。しかしそれがマーベル世界の中で養生され、映画となり大ヒット。それにより映画の続編が製作され、コミックにおいても出番が増えたのだ。
 ヒットが連鎖しまくる、活気あふれるマーベル映画を体現した作品だ!

 


あらすじ

 幼い頃に宇宙海賊『ラヴェジャーズ』により地球から宇宙へ誘拐されたピーター・クイル(クリス・プラット)は、成長しその一員となり、ある日も遺跡で目当てのオーブを探し当てた。
 しかし同じくそのオーブを狙っていた連中がおり、そのボスであるロナンは強奪のためガモーラ(ゾーイ・サルダナ)を派遣した。さらにオーブを持ち逃げしたクイルに対しラヴェジャーズのヨンドゥ(マイケル・ルーカ―)が懸賞金をかけ、それを目当てに遺伝子改造されたアライグマのロケット(ブラッドリー・クーパー)と樹木型ヒューマノイドのグルート(ヴィン・ディーゼル)のコンビがクイルに襲い掛かるが……


感想

 公開当時、私の愛読書「映画秘宝」やその周辺の人々がこの「GotG」を大絶賛していた。それで期待値全開となって観たのだが……肩透かしだった。
 主人公のクイルは1988年に地球から引き離された。彼と亡くなった母親をつなぐ役割を持つ当時の名曲が詰まったカセットテープは同時に彼と地球を繋ぎ止める役割も持っているのだ。もっと言えば、80年代が青春だった観客たち(つまり秘宝の人々)の心もそれでガツンとリンクするのだ。
 もちろんその世代ではない自分だってその曲を聞いたことがないわけではない。例えば「Hooked on a Feeling(ウガ・チャカ)」はタランティーノの「レザボア・ドッグス」でも使われていたし、ジャクソン5やボウイ、10ccの曲は聞いたことがある。しかし、それが過去の記憶とリンクするわけではないのでそれ程感激はしないのだ。
 
 そんなこんなで思ったほど面白くないと感じてから数年たち、「GotG vol.2」が公開されるというので久々に観てみた。すると、前より楽しく感じたのだ。これは自分がおっさん化してきたということか?いや、他に理由があるはずだ!
 「GotG」はならず者たちがしかたなくチームを組む事で物語が始まる。主要キャラクターは皆、優れた力を持っているのだが、ならず者のためかドジや不毛な罵り合いで勝手に窮地に追い込まれて行ってしまうのだ。しかし、その窮地を乗り越えていくことでチームは成長していき、結び付いていくのだ。
 映画においてこの様に成り行きでチームを組むというのは一つの王道だ。最近ではスターウォーズの「ローグ・ワン」「マッドマックス怒りのデスロード」もそうだったが、やはりこの手の物語は面白い。

 またそれぞれのキャラクターも奥深くて謎がある。脚本・監督を担当したジェームズ・ガンは当初「GotG」の映画化に乗り気ではなかったらしい。何故ならキャラクターがあまりにコミック的すぎて、現在進行中のマーベル宇宙には適合しないと考えたからだ。例えば、口の悪いアライグマがシリアスなキャプテン・アメリカと一緒で違和感なく居れるか?
 しかし、ガンは考えを変えた。「なぜ、喋るアライグマが登場したのか、どう生まれたのか」と。すべてのキャラクターにそういった問いを出したのだ。そうすることで、既存のコミックからさらに踏み込み、コメディ性を維持しながらも陰影のあるキャラクターの作成に成功しているのだ。

 また明るい作風でありながら恐ろしいシーンもいくつかある。例えば終盤の驚異的に悲愴感溢れる特攻ならぬ特防(?)ではそこだけで8万人ほどは死んでいるというのだ!他にも瞬く間に死体が積み重なるシーンがあるのだが「GotG」の世界では命は軽いのだ。

 この様に単純なコメディと一括りに出来ない要素が「GotG」にはあるのだ。今まで以上に数多くのマーベルキャラクターが登場し作品に厚みを持たせ、僅かな登場だとしてもそれがどう繋がっていくのか否応なしに期待させる。続きを観たい!と思わせる映画だった!

 

 

Guardians Of The Galaxy, Vol. 2

Guardians Of The Galaxy, Vol. 2

 
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー オリジナル・サウンドトラック

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー オリジナル・サウンドトラック

 
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス オーサム・ミックス・VOL.2(オリジナル・サウンドトラック)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス オーサム・ミックス・VOL.2(オリジナル・サウンドトラック)