読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画原人の穴

映画を中心とした感想ブログです。ネタバレなしです!

【映画】「T2 トレインスポッティング」―人生はしっかり踏み込め!―

f:id:genjinoo:20170413205111j:plain

 

あらすじ

 20年前、マーク・レントンユアン・マクレガー)は仲間たちと共に稼いだ大金を持ち逃げし、故郷のスコットランドから姿を消したが、遂に帰ってきた。
 仲間たちはそれぞれ別れて生活していたが、順調と言えるものは皆無だった。スパッド(ユエン・ブレムナー)は無職で家族にも愛想を尽かされており、シック・ボーイ(ジョニー・リー・ミラー)は寂れたパブを経営しながら裏では売春とそれに盗撮してゆすりを行い、ベグビー(ロバート・カーライル)に至っては20年間ずーっと刑務所に服役し、その凶暴な性格が収まることはなかった。
 彼らが20年振りに再会するとき、止まっていた時間が動き出す……

 


おすすめ

 どんな人間でも時の流れと共におとなしく、おだやかに変わっていく。日本において最もイメージしやすい典型例は”元ヤンキー”だ。
 「いやー、昔は暴れてましたねー。今?いろいろ経験するとあんな生活はもう無理だと気付きますよ!」みたいな奴だ。
 
 でも、ある時から成長が、あるいは老成が止まってしまった人もいる。先ほどのヤンキーは、まるで生まれ変わった。しかし、彼らに暴行を振るわれ、恥辱をふりかけられた弱者はその当時自分の殻にこもり、そこから何一つ動き出せていないかもしれないのだ。
 
 前作は大きな裏切りで幕を閉じた。その時まで親友だった男たちは傷が治らぬまま、どころか20年の間に傷は余計に拡がった。彼らは過去にどんなけじめをつけるのか、注目!


おすすめ

 High Contrastの「Shotgun Mouthwash」にのせてルームランナーを必死に走る男。20年前、彼は仲間を裏切り、故郷を旅立った。
 その時、足は一歩一歩確実に前進し、顔は自身にあふれた笑顔であった。しかし、今はどうだ?顔は疲れ切り、いくら必死に走ったところで1mmも前進していない。
 彼の20年間は全て空回りだったのだ。遂に足も空回りしてマシンから転がり落ちる。倒れて丸くなったレントンはひどく惨めだ。

 無軌道な若者達の、リスクを何も気にしない暴力的なまでに行き当たりばったりな日常が20年前に「トレインスポッティング」という名の映画となって世界中を席巻した。
 若者たちはこの映画の何に夢中になったのか。それは将来のリスクとか、周囲への配慮といった現実の面倒な部分を全く持ち合わせていない様な刹那的な快楽を追求し続けるキャラクター達だ。
 
 当時、20代だった若者ももう40代……作中の登場人物たちも同じく20歳更けている。大抵は髪形や服装、化粧もすっかり変わっているのだが、ただ一人ダイアン(ケリー・マクドナルド)だけは20年前(女学生時代)とおんなじ髪形だったのには驚いた。彼女だけは階級が違うような上品さがあったが、20年後は住む世界も変わっているのだ。

 そんなダイアンと対照的に男たちは一人もまともな定職についていない。学歴もカネも、若さとキャリアもない彼らは例え職に就いたとて、何かあった時は真っ先に切り捨てられる要員なのだ。

 そもそもレントンが故郷に帰ってきたのも、外国で切り捨てられたからだ。彼はたぶん、20年前は故郷に帰る気はなかったのだと思う。故郷を捨てた覚悟を持っていたのだ。しかし、現実は非情で彼の居場所は故郷だけになってしまった。そして故郷で生活するには過去を清算する必要があるのだが、もちろん一筋縄ではいかない。本作は過去にけじめをつけ、空回りだった人生を進め始める物語なのだ。
 
 それは生温い同窓会になるのはあり得ないと思っていたのだが、その想像を超えるヘビーな展開であった。
 また、ただ重いだけでなくダニー・ボイル特有のスピーディでカッコいいい演出や、前作でも使われていたUKロックをアップデートした懐かしくも新しい楽曲や新進気鋭のミュージシャンたちもサントラに収録されており、その映像と音楽のミックスは相変わらずのキレ味で苦しい状況・展開にも拘らず、清涼感すら感じさせる作品となった。

 

T2 トレインスポッティング -オリジナル・サウンド・トラック

T2 トレインスポッティング -オリジナル・サウンド・トラック

 
T2 トレインスポッティング〔上〕 (ハヤカワ文庫NV)

T2 トレインスポッティング〔上〕 (ハヤカワ文庫NV)

 
T2 トレインスポッティング〔下〕 (ハヤカワ文庫NV)

T2 トレインスポッティング〔下〕 (ハヤカワ文庫NV)

 
Ost: Trainspotting 2

Ost: Trainspotting 2

 

 

 

 


  


T2 Trainspotting Official Trailer – At Cinemas January 27