読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画原人の穴

映画を中心とした感想ブログです。ネタバレなしです!

【映画】「デッドヒート」―ジャッキーミーツ仙台!―

デッド・ヒート ― スペシャル・エディション 2枚組 [DVD]

 

あらすじ

 ジャッキーは自動車整備工場で働くのと同時に、警察の要請で違法改造車の検問に協力していた。ある日、警察官をひき逃げした違法改造車をジャッキーが追跡し捕縛に成功する。
 その運転手は凄腕レーサーであると同時に犯罪組織のボスであるクーガー(トースティン・ニッケル)という人物で、クーガーはジャッキーの運転スキルに目をつけてレースを持ちかける……

 


おすすめ

 ジャッキーの魅力と言えばギミック満載のコメディカンフーアクションであるが、それだけではない。カーマニアでもあるジャッキーは車にもこだわりがあるのだ。特にジャッキーは三菱がお好みのようで数々の作品で頻繁に三菱カ―に乗るジャッキーを観ることが出来る。
 本作はジャッキー×三菱の結晶の様な作品となっており、(非現実的だが)カッコいいカーチェイスシーンも盛りだくさんだ。また、作品の後半は宮城県・仙台が舞台となっており市街地もちょっとだけだが登場するのも嬉しい。


感想

 1995年の作品。前年には「酔拳2」が、同年には「レッド・ブロンクス」、翌年には「ファイナル・プロジェクト」が公開されるなど、ジャッキーの体のキレやアクションの魅せ方が極限まで達していた時期だ。

 後半の舞台が日本のために加山雄三をはじめ、日本人キャストが多数出演しているが、お嬢様役の江黒真理衣の演技力は大根界の極限に達しているのでぜひ日本語吹き替え版で確かめてみてほしい。

 カンフーシーンは指導したサモ・ハンの特徴なのか足技が多用され「酔拳2」のラスボスである足技名人を演じたロー・ワイコンも登場する。ジャッキーは脚が短いのだが、それがむしろパチンコ屋などの狭い空間でのアクションを際立たせている。
 そう、舞台が日本なので日本的な場所としてパチンコ屋が登場するのだが、かなりのインチキ日本描写であり、サウナが併設されていて全身刺青のヤクザが大挙をなして入っているという有様だ。実際の日本ロケシーンは仙台にある商店街クリスロードの前でのアニタ・ユンのワンカットと、仙台ハイランドのシーンなどあまり多くない。まあ少し見えただけで嬉しいのだが。また、仙台ハイランドのコースを傷つけることが出来ないという理由で、クラッシュシーンはマレーシアで撮影されたという。

 90年代のジャッキー映画は黒社会との関わり(ジャッキー・ジャック事件)の影響からかシリアスなストーリーや痛々しいアクションが目立つ。「酔拳2」の香港版のラストをそのような背景であろう。
 本作は正義感にあふれるジャッキーと彼を信頼する優しい父、そして彼を慕う可愛い二人の妹と仲間たち、更には彼に惚れ、献身的な協力を申し出るTVリポーター、エイミー(アニタ・ユン)などジャッキー本人が本気で憧れていた様な幸せな設定であるのだが、それが崩れ去っていくさまをとても痛々しく描いている。
 思えばジャッキーは幼い頃から京劇や武術を学ぶ学校で特訓を積んでおり、それは家族とのかかわりを犠牲にした厳しいものだった。というか、親が子育ての手間を省くためにジャッキーを学校に置いて行ったようなものだったという。
 そんな辛い時代(他にも読字傷害なども抱えていた)を過ごしてきたにもかかわらず、傑作映画を量産し、アジアの至宝とまで呼ばれるようになったなんて何とも泣ける話ではないか。ジャッキーを尊敬していないアジア人なんているのか?

 辛くとも、逃げ出さずに脅威に立ち向かい、最後は勝利するという王道なストーリーだが、ジャッキーの人生がそのものなのだ。スタローンもそうだが、苦労人が作る映画はやはりアツくて燃える名作ばかりだ!

 ちなみに主題歌(一分鐘英雄)がとてつもなくカッコいいので必聴だ!


Jackie chan - tema thunderbolt subtitulado al español video original

 

 

デッド・ヒート ― スペシャル・エディション 2枚組 [DVD]

デッド・ヒート ― スペシャル・エディション 2枚組 [DVD]

 
デッドヒート [DVD]

デッドヒート [DVD]

 
デッドヒート スペシャル・エディション [DVD]

デッドヒート スペシャル・エディション [DVD]