読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画原人の穴

映画を中心とした感想ブログです。ネタバレなしです!

「アメリカン・スナイパー(原作)」―戦士のキモチ―

文学本

アメリカン・スナイパー

あらすじ
 アメリカ海軍特殊部隊SEALに所属するクリス・カイルはイラク戦争において160人の敵を仕留めた。彼を見る目は、味方から、敵から、国内から……立場によって完全に違うものだった。しかし本人の心は常
に一定だった……。クリント・イーストウッド監督・ブラッドリー・クーパー主演で映画化されたが、クリス自身は公開を待たずにアメリカ本国内で同じくPTSDを患う元海兵隊員に射殺された。

 

おすすめ
 クリス・カイルはイラクへ4回従軍した。しかも自ら率先してだ。戦争にそこまで参加したがる男は何を考えていたのか。幼少期から人生を振り返る。2時間程度の映画に比べるとやはりボリュームがあり、ク
リスのゆるぎない思考がわかるわけだが、兵士の考え方というのはこのようなものなのだろうか?戦場に身を置く兵士の心意気を見た!

感想
この本で一番「そうだよな……」と思ったのはカイルが反戦デモに文句を言うシーンだ。兵士に対する文句は何も意味をなさない、とカイルは断言した。何故なら戦争をするかどうかを決めるのは兵隊ではな
い、政治家だからだ。兵士は人殺しを教えられてきたが、戦争をするかしないかの判断は教えられていないし、することはない。戦争をすると決まった時に動き出す”兵器”だからだ。
 カイルは様々な邪念を消し去り、人殺しに集中したらしい。だからこそ驚異的なスナイプと幾度となく死地に赴いても生還するタフさを得たのだろう。私は戦争どころか喧嘩もあまりしたことがないが、変に
思い悩んでいたら鍛え上げた自分自身を活かせないだろうし、勘も働かないことぐらい想像できる。
 カイルはアメリカ国内において立場の違う人々から時には真逆ともいえる声援を送られてきた。しかし、それをどうと思うこともなかったのだろう。ただ標的を始末していただけなのだから。

 

 

アメリカン・スナイパー

アメリカン・スナイパー

 
アメリカン・スナイパー クリス・カイルの伝説と真実 (竹書房文庫)

アメリカン・スナイパー クリス・カイルの伝説と真実 (竹書房文庫)

 
ネイビー・シールズ最強の狙撃手

ネイビー・シールズ最強の狙撃手