読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画原人の穴

映画を中心とした感想ブログです。ネタバレなしです!

「アイアムアヒーロー」―ZQN=DQN説―

f:id:genjinoo:20160429140303j:plain

あらすじ

 感染するとゾンビの様な化け物に変貌してしまう奇病が一気に拡大した。これで恋人や仕事仲間を失った、漫画アシスタントの鈴木英雄(大泉洋)は街から脱出する際に知り合ったJKの比呂美(有村架純)と高度で病原菌が死滅する、という富士山を目指すが途中で彼女の首筋に感染者に咬まれた痕を発見する……

 感想

 劇中のゾンビは「ZQN」という名称で呼ばれる。ゾンビとDQNを掛けたのだろうが真意はわからない。そんなZQNは個々体で個性を持っている。その理由はZQNはそれぞれの過去の記憶を延々と再現する所にある。例えば、服屋の店員ZQNは延々と接客し、電車通勤のサラリーマンZQNは電車に乗った様をし続ける。走り高跳び選手ZQNは延々走り高跳びしている。

 これはまさしく過去のヤンチャが楽しかった頃の記憶を引きづり続けるDQNそのものであるし、そんなZQNになるのを拒否して自ら命を絶つのがオタク臭いドランクドラゴンの塚地で、さらに緊急速報をやらない、というテレ東ネタを出すなど物語の基礎が2ちゃん臭い。つまりZQN=DQNは案外的外れではないのだ。劇中でZQNという名称が発案されるのも2ちゃんだしね。

 作品そのものとしては、もし日本でゾンビパニックが起こったら、こんな感じになるだろうという考えがよく映像化されていた。特に序盤の街を脱出するところまでは良くて、日常の細かい変化が少しづつ描かれ、ある段階で一気にドドーッと押し寄せてくる感じはググッときた。また英雄は趣味でショットガンを所持しているのだが、何だかんだ理屈をつけてピンチの場面でもなかなか撃てないもどかしいシーンは日本人ぽくて言い、と思った。

 しかし、この映画は褒められない部分が多かった。まず、作品の全部分に言える事だが登場人物全員が劇団員っぽすぎ!つまり演技してる感まる出しなのだ。背景のエキストラの皆さんはその配置からして完全にTVドラマの安っぽさがあるのだが、セリフのある奴らもなんか全員嘘くさい。いくらゴアシーンに力を入れても肝心の人間の演技がテキトーでは観客は鼻でスカしてしまうのだ。

 あと英雄は妄想しすぎ!確かに原作でも冒頭から妄想してた男ではあるが映画で妄想シーンは例えば「ショーンオブザデッド」みたいにリズミカルにテンポよくしなければいけない。しかし英雄の妄想はテンポがなくただガンガン貼り付けているだけだ。それが映画のリズムを断絶して乗り切れない要因になっている。

 そして一番の見せ場であるはずのバトルシーンがダイジェストすぎ!何か延々と英雄が「ヒート」のヴァル・キルマーみたいな前後方振り返り連射をし続けているだけなのだ。しかも地味な地下通路で。せっかくアウトレットモールにいるんだから店の中をメチャクチャにするような乱闘とか、大爆発とかやれよ!と思ったが、予算とか翌日のモールの営業とか考えると無理だったんだな、と悲しい現実を読み取った。そういう所を読み取れちゃう映画って……ダメでしょ?