読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画原人の穴

映画を中心とした感想ブログです。ネタバレなしです!

東京風月堂の「フィナンシェ」と「小倉抹茶ケーキ」はティータイム入門だ!

f:id:genjinoo:20160306145347j:plain

 

 あらすじ

 歴史ある菓子メーカー、東京風月堂の洋菓子を手に入れたのでお洒落なティータイムでも楽しむとでもするか・・・・・・

 感想

 今回食べたフィナンシェと小倉抹茶ケーキは「お菓子の美術館」という名で他の幾つかの菓子とセット販売されている(下にリンクがあるぞ!)。

 私は基本的にイギリス的なティータイムで召されるお菓子は食べない。いつも食べているのはかりんとうとサラダ煎餅だ。

 お茶やコーヒーを飲むときに何か食べるという事もあまりないのだが改めてお茶請けの大切さを知った。お茶請けとは苦めの茶やコーヒーの味の中和の他に、胃へのカフェイン等の刺激を弱める効果もあるという。

①フィナンシェ

今までフィナンシェというお菓子を食べたかどうかも記憶にない程縁のないものだったがこれがかなり旨い。固めで弾力のある生地を噛みしめると、たっぷりのバターのジューシーさが口全体に広がる。あまり甘くはないが、その油っぽさとコーヒーとの相性は抜群だ。

f:id:genjinoo:20160306154226j:plain←油揚げかと見紛うが如きテカテカ!

②小倉抹茶ケーキ

 和洋折衷的なお菓子であるがこちらはかなり甘い。ふわふわな生地は少しの咀嚼で小豆と砂糖のミックス攻撃を激しく展開してくる。この甘味は個人的にカステラ的な舌に残るものだ。これには緑茶で対抗するのが吉だ。

f:id:genjinoo:20160306155116j:plain←超甘いから茶は必須だ。

③最後に

 私は炭酸ジュースが大好きで家にはコーラや三ツ矢が常時ストックされているのだが、このお菓子には合うものではない。炭酸に合うものは甘いのではなくしょっぱいものだ。

 映画を観ながらポップコーンやポテチをコーラで流し込むのもいいが、たまにはそれをフィナンシェや紅茶に持ち替えるのはどうだろう。

 とはいえこんなお菓子は私の主戦場であるド迫力ハリウッドアクション映画には合わない。このお菓子を食べながら丁度良いオシャレ映画を楽しめるようになったら、あなたは立派なティータイム門下生だ!