読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画原人の穴

映画を中心とした感想ブログです。ネタバレなしです!

【場所】「川崎ウェアハウス」と汚さの楽しみ

           f:id:genjinoo:20160227231649j:plain←いざ九龍城へ!

 

あらすじ

 他とは違うインパクトを持つウェアハウス。川崎にあるソレはなにやら怪しげな雰囲気が漂っているようだが……

 

感想

 街は汚い方が好きだ。これに気付いたのが何時だったのか忘れてしまったが、デヴィッド・リンチが綺麗な街に馴染めず、わざわざ外国の学校に行ったのに数週間で帰国して薄汚い工業都市に引っ越したという出来事を知り、高校生の頃妙にシンパシーを得たりした。

イレイザーヘッド 完全版<ニュープリント・スクイーズ> [DVD]←この映画も汚い工業都市が舞台だ。

 思えばそれはもっと昔の「千と千尋の神隠し」を観た頃から片鱗があったかもしれない。あの映画の温泉街のゴチャゴチャ感、色々な看板、飲食店が立ち並ぶ様に公開時小学1年生だった自分はワクワクしたものだ。

千と千尋の神隠し [Blu-ray]←温泉宿の増築感はハウルに受け継がれる→ハウルの動く城 [Blu-ray]

 

 そんな風景が香港にあった!という事が少し前に話題になり、興味がそそられたが海外に行くことのハードルの高さに断念。金がないのだ。

 その後、ある写真を見た。それは「九龍城」。昔、香港に実在した文字通りの魔窟だ。香港はその人口密度の高さが有名だが、九龍城はそのレベルが違った。建物の増築が異常なほど繰り返され、一つの大きな城の様になっていた。

九龍城探訪 魔窟で暮らす人々 - City of Darkness軍艦島よりも世界遺産にすべきだった→軍艦島 全景

 

 その中は日本人からすれば吐き気がするほどの生活感があった様だが、今はもう実在しないので空想するほかない……

 そう落ち込んでいた時一つのゲームに出会った。初代プレイステーション作品「クーロンズゲート」だ。これは九龍城を模した(JPEGを重ねまくったらしい!)ゲームマップを自由に歩きまくれる。つまり消失した九龍城の中に入り込めるのだ!

 

クーロンズ・ゲート

 すぐに買って遊んでみたら、私は酔ってしまった。生活臭ではなくJPEGに気持ち悪くなったのだ。夢は潰えたかに思えた。しかし運は尽きていなかった!

 神奈川県にある政令指定都市以外では全国最大の大都会、川崎市にある「あなたのウェアハウス」。なんとここは九龍城を模したゲームセンターであるらしい。今週川崎に行く用事があったので突撃してみたぞ!

f:id:genjinoo:20160227235058j:plain まずこの外見を見てくれ!デカいうえに錆びれまくってる!つかみは抜群だ。表入口は九龍城的な汚いドア(しかし自動ドアでハイテクだ)で裏入口は丸い太極拳ゲートだ。一番上の写真を見てくれ!裏から入ったぞ!

 中に入ると幻想的な池を通る。そこを抜けると九龍城的な路地裏が我々を迎える。細部まで作りこまれているからここだけで長いこと楽しめる。

 2階が一般的なゲームがあり、3階がメダル、その上にも色々あるが行ってない。九龍城を模しているのは2階までだが、エレベーター正面の壁は2階から3階まで吹き抜けになっていて建て増しのメチャクチャな多層ビルヂングを味わえる。

 また壁だけでなく両替機や貸ロッカー、さらにはトイレまで九龍城的、端的に言えばメチャクチャ汚らしくなっているので要チェックだ。

 実際の中の写真はアップしない。ぜひ自分の眼で見てきてほしい。小規模だが濃密な空間が君を待っている。もし、より「千と千尋」的な空間を味わいたいなら香港に行くか「江戸東京たてもの園」に行くのだ。

ジブリの立体建造物展 江戸東京たてもの園 展覧会図録←せっかく東京にいるんだから行こうかしら。

 

 

 

 

 

九龍城探訪 魔窟で暮らす人々 - City of Darkness

九龍城探訪 魔窟で暮らす人々 - City of Darkness

 
最期の九龍城砦【完全保存版】

最期の九龍城砦【完全保存版】

 

 

 

 

 

クーロンズ・ゲート

クーロンズ・ゲート

 
Kowloon's Gate Archives?クーロンズ・ゲート アーカイブス? 通常版

Kowloon's Gate Archives?クーロンズ・ゲート アーカイブス? 通常版