映画原人の穴

映画を中心とした感想ブログです。ネタバレなしです!

【映画】「スティーブ・ジョブズ(2016年)」―就活の参考にもなる男―

 

スティーブ・ジョブズ (字幕版)

 

あらすじ

 世界トップレベルのデジタルデバイスメーカーAppleの創業者にして、多方面で世界的に多大な影響を与えた男スティーブ・ジョブズ。伝説的な彼の半生を描く……

 

 

感想

 「stay hungry, stay foolish……これだね。」って言ってる奴はいねがー、ジョブズにあやかってミニマリストになってる奴はいねがー!

 現在ジョブズほどその言動や生活が引用されている人間はいないだろう。この映画はそんな伝説の人物を紹介する再現ドラマだ。どんな人物なのかとてもわかりやすく紹介してあるからジョブズフォロワー初心者は必見だ。

 というかこの人の映画前もやってなかった?これはつまりジョブズ映画はこの後も続々と作られ続け、最終的にビル・ゲイツと戦ったり、ジョブズが宇宙で冷凍保存されるわけだ。いいね!

 映画の内容に戻るとハッキリ言ってこの映画は役者の演技力だけで成り立っている。まあその演技が空回りしていないしっかりとした作りなのは間違いないんだけど。

 でもスピーチに主軸を置いた展開は筋がしっかりと見えててシンプル。しかもジョブズのそのジョブズらしさがすごく伝わってくる。 

 思うにこれは就活等でも役立つテクニックだ。スピーチで相手の記憶に残りやすくするには出来るだけシンプルに力強く、手短にしなければならない。様々な語るべきネタがあっても全部喋れば長尺になるし、話の中心がぶれて結局何を言っていたのか分かりにくくなる。

 短い場で自分をアピールするには一つの体験に他の全ての体験を詰め込む位のハッタリまがいの技術が必要なのだ。

 それにスピーチが始まるまでのドキドキ感はスゴイ!本当にそこにいるかのような臨場感。結局オモシロいよ、これ。ジョブズフォロワーが沢山いる理由が良く分かる動画っつーことで。

 

スティーブジョブズマイケル・ファスベンダー

監督:ダニー・ボイル

 

 

 

 

ペーパーバック版 スティーブ・ジョブズ 1

ペーパーバック版 スティーブ・ジョブズ 1