映画原人の穴

映画を中心とした感想ブログです。ネタバレなしです!

伝記・実話

【映画】「ホース・ソルジャー」―日常=平和なんて思っているのは日本人だけ!?―

おすすめ 戦争映画は数多い。それは戦争ひとつひとつが無数のドラマを内包しているからだ。 今回の「ホース・ソルジャー」達の物語はすこぶるドラマチックであるわけだが、長い間機密扱いとなっていた。 戦争ドラマの金脈はまだまだ氷山の一角というわけだ。…

【映画】「15時17分、パリ行き」―普通の人は何気なく凄いもの―

概要 実際に起こった鉄道内での銃撃テロ事件(タリス銃乱射事件)を描いたノンフィクション。どれ程ノンフィクションかというと…なんと主演の3人は実際の事件の当事者、つまりご本人様である。 普通の人々が主役となるこの映画は、それを鑑賞した普通の人々…

【映画】「ダンケルク」―戦争するより野球をしよう―

概要 第二次世界大戦での英仏軍の脱出作戦を映画化。監督のクリストファー・ノーランは劇映画におけるIMAXの第一人者であり、それを最も理解している一人だ。 映像の広大さ、奥行き。音響の立体感、圧迫感……IMAXシアターで観るべき映画だ!

【映画】「シュガーマン 奇跡に愛された男」―誰かが君を愛してる―

概要 自分が全くあずかり知らぬ場所で大スターとなっていたら……。そんな奇跡的漫画的でまったくもって実現しそうにない出来事……が現実に起こっていたことを伝える衝撃のドキュメント。

【映画】「エレファント・マン」―違いはただ一つ―

概要 19世紀に実在した「エレファント・マン」ことジョン・メリックの半生を描いた作品。監督のデヴィット・リンチは当時、自主制作長編「イレイザーヘッド」によって大抜擢された新人であった。

【映画】「パトリオット・デイ」―愛に勝る道理は無し―

概要 2013年4月15日に発生した「ボストンマラソン爆弾テロ事件」を題材に主演マーク・ウォールバーグ、監督ピーター・バーグで映画化した作品。 ボストンマラソンは毎年4月の第3月曜日に開催され、その日は「愛国者の日(パトリオット・デイ)」というアメリ…

【映画】「フルートベール駅で」―人が死ななきゃ映画は作れぬ?―

フルートベール駅で [DVD] 出版社/メーカー: 東宝 発売日: 2014/09/17 メディア: DVD この商品を含むブログ (3件) を見る フルートベール駅で(字幕版) 発売日: 2014/09/17 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る 映画パンフレット フルートベー…

【読者】「アメリカン・スナイパー」―戦士のキモチ―

あらすじ アメリカ海軍特殊部隊SEALに所属するクリス・カイルはイラク戦争において160人の敵を仕留めた。彼を見る目は、味方から、敵から、国内から……立場によって完全に違うものだった。しかし本人の心は常 に一定だった……。クリント・イーストウッド監督・…

【映画】「スティーブ・ジョブズ(2016年)」―就活の参考にもなる男―

あらすじ 世界トップレベルのデジタルデバイスメーカーAppleの創業者にして、多方面で世界的に多大な影響を与えた男スティーブ・ジョブズ。伝説的な彼の半生を描く……