映画原人の穴

映画を中心とした感想ブログです。ネタバレなしです!

【映画】「ダークマン」―その名はダークマッ!―

概要 サム・ライミはトビー・マグワイア版のスーパーマン3部作を手掛けていることで有名だが、その10年ほど前にもヒーロー映画を手掛けていた。 醜い姿と超人的な力を得た男が、己が身を隠しながらも復讐を果たそうと躍起する物語は去年映画版が公開された「…

【映画】「エイリアン:コヴェナント」―今度はパニック映画だ!―

> 概要 もうすぐ40周年となる「エイリアン」シリーズ。前作である「プロメテウス」は賛否分かれる、というか否や戸惑いの声が多かった。 今回はその反省からか、これまでのエイリアンの様々な要素を随所に散りばめ、だいぶエンタメ寄りになっている。ジェッ…

【映画】「ダンケルク」―戦争するより野球をしよう―

概要 第二次世界大戦での英仏軍の脱出作戦を映画化。監督のクリストファー・ノーランは劇映画におけるIMAXの第一人者であり、それを最も理解している一人だ。 映像の広大さ、奥行き。音響の立体感、圧迫感……IMAXシアターで観るべき映画だ!

【映画】「ムカデ人間2」―他人の妄想はまじでキモい―

概要 「ムカデ人間」の続編が作られるのは必然だった……。映画の続編を作る際の、最も主な傾向は「前作の要素を爆増させること」だ。例えば「ターミネーター」ならロボットを増やす。「アイアンマン」でもロボットを増やす。 「ムカデ人間」では……言わなくと…

【映画】「ムカデ人間」―消化不良だよ~!―

概要 人間を口と肛門で数珠つなぎにすれば、ムカデ人間だ!そんなアイデア一本で製作された変態映画。 「ムカデ人間」は三部作となっており、初陣となる第1作の舞台はドイツだ。ドイツの黒い森に潜む変態博士の凶悪な研究成果が明らかになる。

【映画】「ブロブ/宇宙からの不明物体」―分かっているのに、面白い―

概要 1958年の「マックイーンの絶対の危機」のリメイク作品。このオリジナル作はスティーブ・マックイーンの初主演作でもある。 人食いアメーバに襲われた田舎町の一夜を描いたB級モンスターパニックであるが、ハイクオリティの特撮とチャック・ラッセル・…

【映画】「ノック・ノック」―屁でもねぇぜ―

概要 1977年の映画「メイクアップ」を監督イーライ・ロス、主演キアヌ・リーブスで現代的にリメイク。一夜の過ちで身を滅ぼすオヤジを描いた悲しい作品。 キアヌに誘惑しかける女を演じるのはイーライ・ロスの嫁であるロレンツァ・イッツォと、も一人は今年…

【映画】「エクソシスト ディレクターズカット版」―端整な映画―

概要 エクソシストは悪魔祓いのことであり、それを描いた映画は数多い。この映画はまさしくエクソシスト映画、いやオカルト映画の代表作であり、映画に影響を受け本当に悪魔憑きが発生に至るほど世界中にショックを与えた。

【映画】「シュガーマン 奇跡に愛された男」―誰かが君を愛してる―

概要 自分が全くあずかり知らぬ場所で大スターとなっていたら……。そんな奇跡的漫画的でまったくもって実現しそうにない出来事……が現実に起こっていたことを伝える衝撃のドキュメント。

【映画】「エレファント・マン」―違いはただ一つ―

概要 19世紀に実在した「エレファント・マン」ことジョン・メリックの半生を描いた作品。監督のデヴィット・リンチは当時、自主制作長編「イレイザーヘッド」によって大抜擢された新人であった。

【映画】「マッド・ドライヴ」―正気にては大業ならず?―

概要 原題「Kill Your Friends」。なぜこの邦題になったのかというと、主演のニコラス・ホルトと音楽担当のジャンキー・XLがどちらもあの超大ヒット作「マッドマックス怒りのデス・ロード」に参加していたからだ。 ドライブと言えば、ニコラス・ホルトは「…

【映画】「沈黙の処刑軍団」―社会メッセージ皆無、あるのはセガールただ一人―

概要 アメリカの(感覚的に)Vシネの帝王、スティーブン・セガール主演作品。今度のセガールは暗殺請負組織のトップに君臨しており、強力な兵士を多数を抱える最強親父だ。 その権力の座を狙われることもあるが、全く動じずに事態を収拾してしまうハラハラ感…

【映画】「コンスタンティン」―実はこれもアメコミ映画―

概要 無敵キャラが似合う男、キアヌ・リーヴス主演の悪魔祓い映画。天使と悪魔、というワードをある種の人々(中二病患者)を猛烈に刺激し、さらにこの作品に登場するガブリエル(ティルダ・スウィントン)は「黒執事」とか好きな人には悶絶級にたまらないキ…

【映画】「解夏」―葬式で流れる思い出ビデオ―

概要 さだまさしの短編小説の映画化。難病に侵された小学校教員とその恋人、周囲の人々の交流を描く。悪い人が一人も出てこなく、とにかく主人公の身を案じられる過保護な展開が続く。

【映画】「DEAD OR ALIVE FINAL」―横浜は全土が中華街となりました―

概要 ハイテンションなテンポと衝撃的なラストで全世界に衝撃を与えた第1作。 カネが全てを思われるこの世の中に、人間の無償の愛情を高らかに謳った第2作。 観る者に驚きと熱狂を提供し続ける「DOA」シリーズの最終作がこのFINALである。 時は2346年……この…

【映画】「新宿黒社会 チャイナ・マフィア戦争」―移ろいゆく街のにおい―

概要 バブルが崩壊したとて日本は世界有数の経済大国であることには変わりがない。至る所で綻びが露わになった日本を舞台にチャイニーズマフィアが暗躍する。 やはり当時の新宿、歌舞伎町は素晴らしく絵になる。人間の欲望で構築されたその街は、生きている…

【映画】「極道恐怖大劇場」牛頭 GOZU」―映画は撮ったもん勝ち―

概要 「もしデヴィッド・リンチがヤクザ映画を撮ったら?」……これがコンセプトらしく、奇妙な映画に仕上がっている(ジャンルはやくざホラー)。一風変わったキャラクターばかりが登場し、そこを曽根英樹(現:曽根悠多)が哀川翔を探して右往左往する物語で…

【映画】「ブギーナイツ」―思えば帰ってきたもんだ―

概要 1997年の作品。1970年代から80年代にかけてのアメリカンポルノ業界を描いた内幕モノ。出演者も豪華で、ポルノスターを演じるジュリアン・ムーアとヘザー・グラハムは自身の裸体を惜しげもなく披露している(ソード・フィッシュのハル・ベリーは惜しみ過…

【映画】「IZO」―この世に不可欠なものは……ない!―

概要 人斬り岡田以蔵をモチーフにした時代超越系時代劇。とにかく以蔵が人を斬りまくる。

【映画】「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」―その壁を突き破れ!―

概要 荒木飛呂彦原作の「ジョジョの奇妙な冒険」は、1987年に連載開始されてから今に至るまで熱狂的なファンを数多く抱える人気漫画だ。 世界観や価値観、特徴的なキャラクターにセリフ回し、独特な絵柄やポーズは漫画というジャンルを軽々と飛び越え、ひと…

【映画】「四月は君の嘘」―恋愛は気持ちの駆け引き―

概要 ピアニストとヴァイオリニストによる音楽色の強いラブストーリー。ヒロイン宮園かをりを演じるのは日本で一番勢いのある女優といえる広瀬すず。 気弱な主人公を演じるの「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」で東方仗助(JOJO!)を…

【映画】「DEAD OR ALIVE2 逃亡者」―信念をつらぬき、固い友情で結ばれた男たち!―

概要 異常なテンションと驚愕のラストで全世界に衝撃を与えた傑作の続編。といっても物語自体に繋がりはなく、全くの別世界が舞台となる。 出てくるキャラクターは相変わらず濃ゆい奴らばかりで全くまとまりがなく、また非現実的な演出も多いが、それが全く…

【プライムビデオ】「今田×東野のカリギュラ」―ヒリヒリするのがお好き?―

概要 カリギュラ―禁止されているものほどやりたくなる心理―、つまり普通の地上波では深夜でさえコンプライアンスや需要の問題で実現できない企画を、ネットでならできるだろ!ってカンジでやってしまう番組だ。司会は今田耕司と東野幸治で、東野は自身も鹿狩…

【漫画】「俺物語!!」―ネタをひきのばせ!―

概要 厳つい男と可憐な少女という、一見まったく縁の無さそうな男女が織りなす甘々の恋人関係を描いたラブコメ作品。テレビアニメシリーズと実写映画が制作されるほどの好評を獲得した少女漫画。

【映画】「ハクソー・リッジ」―みんなが英雄!―

概要 いまやすっかりお騒がせスターと化してしまったメル・ギブソン。しかし、奴の映画人としての能力を貶す人間はいない。何故なら作ってきた作品の全てがエンタメ作品として一級品の出来だからだ 。 今年、そこに新たな作品が加わる。太平洋戦争に武器を持…

【映画】「メッセージ」―静かなるダイナミズムと究極への”回”答―

概要 テッド・チャンの「あなたの人生の物語」という短編小説を原作とした映画。簡単に言えば、宇宙人とのファーストコンタクトものだ。それを彼らとのコミュニケーション要員として召集された言語学者の視点から描いている。「インディペンデンスデイ」や「…

【映画】「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」―世の中はご縁で回っている?―

概要 マイナーヒーローの寄せ集め集団でありながら大ヒットを記録した「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の続編。前作から少し経ちチームの結束力はまるで「ワイルド・スピード」のファミリーの様になっていて彼らのやり取りはより楽しくなっている。個…

【映画】「キング・アーサー」―マイルドヤンキーは家庭を守れ!―

概要 たびたび映画化されている「アーサー王伝説」を「スナッチ」や「シャーロック・ホームズ」シリーズで知られるガイ・リッチーが映画化。 底辺からの成り上がりに重点を置いた作品となっており、アーサー役は「バトルシップ」でも成り上がり男を演じてい…

【映画】「パトリオット・デイ」―愛に勝る道理は無し―

概要 2013年4月15日に発生した「ボストンマラソン爆弾テロ事件」を題材に主演マーク・ウォールバーグ、監督ピーター・バーグで映画化した作品。 ボストンマラソンは毎年4月の第3月曜日に開催され、その日は「愛国者の日(パトリオット・デイ)」というアメリ…

【映画】「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」―面白いと気付いた!―

概要 マーベル・シネマティック・ユニバースは拡大の一途を辿っている。それが可能なのはマーベルコミックスにダイヤの原石がたらふく埋蔵されているからだ。 この「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」(GotG)はそれを象徴する作品で、元々はマイナーヒ…