映画原人の穴

映画を中心とした感想ブログです。ネタバレなしです!

【映画】「サウルの息子」―地獄は人が作るもの―

サウルの息子(字幕版)

あらすじ
 アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。そこではホロコーストで出た大量の死体を処理するため、ゾンダーコマンドと呼ばれるユダヤ囚人で組織された特殊部隊があった。
 そこで処理に従事していたサウル(ルーリグ・ゲーザ)は偶然にも自分の息子と思われる死体を見つける。なんとか正式なユダヤの教義にのっとった埋葬をしようとするサウルだったが……

続きを読む

【映画】「フルートベール駅で」―人が死ななきゃ映画は作れぬ?―

 

 

フルートベール駅で(字幕版)

 

 

あらすじ
 2009年、元日。サンフランシスコのフルートベール駅で一人の黒人青年が警官に射殺された。彼―オスカー・グラント(マイケル・B・ジョーダン)は無抵抗で丸腰だったにもかかわらずだ。しかも撃った警官が白人であったため、世界規模での人種差別抗議デモに発展した実話。

続きを読む

【読書】「賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか」―責任無き権利者と消費地獄の末路―

賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか (幻冬舎新書)

あらすじ
 2013年、日本の食品ロス量は632万トンに達した――――これは東京で一年間に消費される食糧とほぼ同じだという。なぜこうなってしまったのか。
 ある人は生産者が作りすぎるからだと批判する。ある人は小売店のシステムに問題があるとやり玉に挙げる。では、なぜそのような食糧を余らせてしまう仕組みを作ってしまったのか。無実だと思いこんでいた我々一般消費者には何も罪はないのか。覆い隠されていた真実が目前に迫る!

続きを読む

【映画】「トリプルX:再起動」はワイルドスピード的に何でもぶち込んだちゃんこ映画になっていた!

f:id:genjinoo:20170225002113j:plain

 

あらすじ
 NSA(アメリカ国家安全保障)のギボンズサミュエル・L・ジャクソン)が人工衛星に直撃し死亡した。NSAは衛星の遠隔操作に使われた「パンドラの箱」を入手するが、謎の一味に襲撃されて強奪されてしまう。
 そこで一味を追跡できるエキスパートとして、隠遁生活をしていたXゲームの達人、ザンダー・ゲイジ(ヴィン・ディーゼル)が再び駆り出される……

続きを読む

【読者】「アメリカン・スナイパー」―戦士のキモチ―

アメリカン・スナイパー

あらすじ
 アメリカ海軍特殊部隊SEALに所属するクリス・カイルはイラク戦争において160人の敵を仕留めた。彼を見る目は、味方から、敵から、国内から……立場によって完全に違うものだった。しかし本人の心は常
に一定だった……。クリント・イーストウッド監督・ブラッドリー・クーパー主演で映画化されたが、クリス自身は公開を待たずにアメリカ本国内で同じくPTSDを患う元海兵隊員に射殺された。

続きを読む

【映画】「トイストーリー3」―人生の区切り―

トイ・ストーリー3 (字幕版)

あらすじ
 アンディは大学進学のために一人暮らしをすることになり、自分の部屋を整理することになった。
 おもちゃは今も持っていたが、遊ぶことはとうになくなり、思い入れが一番強いウッディを大学へもっていき、他は屋根裏に保管しようとするが、お母さんがゴミと勘違いし、外へ出してしまう。
 捨てられた!と絶望したおもちゃたちはアンディと決別し近所の保育園へ行くが……

続きを読む

「バトル・ロワイアル」と子ども差別

バトル・ロワイアル

 

あらすじ
 その国では大人は自信を無くし、子供はそんな大人を軽蔑していた。子供を恐れた大人たちは『BR法』を制定する。毎年無作為に中学3年のクラスを一つ選び、最後のひとりになるまで殺し合わせるのだ。
 突如、互いに殺しあうことを強要された子供たち……タイムリミットは3日間、誰が生き残るのか!

続きを読む